ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

緊急回避キャンセルつかみ(緊急回避キャンセル振り向き投げ)のやり方とできるキャラについて

こんばんは、ろーちゃんです。

当記事では緊急回避キャンセル掴み、緊急回避キャンセル反転投げなどと呼ばれているテクニックについて紹介していきたいと思います。

 緊急回避キャンセルつかみとは?

読んで字の如く、緊急回避をキャンセルしてつかみを行います。つかみはダッシュつかみモーションになります。また実用的かどうかはさておき、緊急回避キャンセルつかみ自体はヨッシー以外の全ファイターが可能です。

緊急回避キャンセルつかみのやり方

  • 前方にダッシュ入力する
  • 5F以内にシールドボタンを押し、前方緊急回避を出す
  • 前方緊急回避の4F以内につかみ入力をする

最後のつかみ入力の際、またはつかみ入力から5F以内にスティックを反対側に入力することで、緊急回避キャンセルから振り向き投げを出すことができます。またつかみ入力のタイミングによって移動距離が微妙に変わります。

緊急回避キャンセルつかみの成功失敗は、緊急回避の光エフェクトが出るかどうかで判別可能です。ちなみに無敵は付与されません。

緊急回避キャンセルつかみの解説

スマブラSPではダッシュ中にシールドを出すことはできませんが、スティックを倒した状態でダッシュの出始め5F以内にシールドが入力されると緊急回避がでます。この動きを便宜上ダッシュキャンセル緊急回避と呼びます。

緊急回避キャンセルつかみと呼んではいますが、実際は「ダッシュキャンセル前方緊急回避」しかキャンセルすることはできません。後方緊急回避はキャンセルできません。

そのため、シールドで相手の攻撃を耐えた後に緊急回避キャンセルつかみで反撃するといった動きは不可能となります。

緊急回避キャンセルつかみのコツ

とにかく猶予が短いので操作が忙しそうに思えますが、振り向きの入力は後からでも間に合うので、ステップキャンセル緊急回避つかみ入力までを一息で入力する感覚を指に馴染ませ、振り向きつかみをする際はスティックを後ろに後から倒すような入力を意識すると、いくらか簡単に再現できるかと思います。

それでも高難易度テクニックですので繰り返しの練習は不可欠です。ピチューとリトル・マックは成功と失敗が分かりやすいので練習キャラにおすすめです。

緊急回避キャンセル振り向きつかみで回り込めるキャラクター

緊急回避の出始め数Fで長距離移動が可能なファイターの場合、ダッシュつかみのリーチを伸ばしたり、相手をすり抜けつつ反対側からつかむことが可能です。

緊急回避キャンセル振り向きつかみで回り込めるキャラクターはこちら。

  • ピカチュウ
  • ピチュー
  • ワリオ
  • リトル・マック
  • ルフレ
  • ダックハント

緊急回避キャンセルつかみの使い方について

スマブラSPはダッシュで相手をすり抜けることができないので、相手と位置を入れ替える手段として有効です。

また回り込みが可能なキャラはそれだけ緊急回避での移動距離が長いということなので、通常のダッシュ投げのリーチも大きく底上げが可能です。

回り込みが不可能なキャラでも、Miiガンナーのようにダッシュ投げのリーチ伸ばしとしては十分な性能を発揮するキャラもいるため、マイキャラクターの緊急回避キャンセルつかみの性能は是非一度チェックしてみてください。

リュウとケンの緊急回避キャンセルつかみについて

リュウとケンは、緊急回避の4F目をLスティックがニュートラルの状態でつかみキャンセルすると、突如後方にバックステップしながらつかむような動作をします。

通常では不可能な動き方をするので、アイデア次第では実戦で使える場面があるかも分かりません。

特にダッシュつかみのリーチが劇的に伸びたり、回り込んでつかめたりするわけではないですが、一応そんなこともできるということだけ紹介しておきたいと思います。

まとめ

緊急回避キャンセル振り向き投げは、実戦で安定させようと思うとかなりの高難易度テクニックになってしまいますが、面白い動き方ができますので是非練習してみてください。

振り向かないで行う緊急回避キャンセルつかみは比較的簡単ですので、単純なダッシュ投げの距離伸ばしのテクニックとして活用するのも良いでしょう。

以上、解説はしてみたものの全然操作が追い付かないろーちゃんがお送りしました。使いこなせれば一味違った動きができると思うので、是非試してみてくださいね!