ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

有線だけじゃ物足りない!スマブラSPは初期設定でラグい?ネット対戦の遅延を減らす設定方法

こんばんは、ろーちゃんです。

遅延を減らそうと思って有線接続してはいましたが、ネット対戦は重たいと感じ続けていました。

ですが実は有線+αの遅延対策をすることで、かなり快適にネット対戦ができるということを知りました。というわけでスマブラSPの遅延を減らす設定を紹介します。

ちなみにこの記事を書くに至った経緯はこちらの記事に。

まずは有線LANで接続しよう

まずはここから。

Switchに有線LANを接続するアダプターは、公式ライセンス品でも、パソコン用のものでも構いません。快適なネット対戦に必要なのは、通信速度よりも安定感です。

LANアダプターとLANケーブルを最適化しようと思えば、それなりの出費になります。限界まで突き詰めるならそれも良しですが、とりあえず無線接続でのネット対戦は危険ということを覚えておきましょう。

かなり頑張れば無線接続でも快適なネット対戦は実現できますが、有線接続をした方がお手軽です。電子レンジのノイズで露骨にラグるようなこともありません。

インターネット設定を見直そう

無線LANでSwtichを接続しているところに有線LANケーブルを接続しても、有線接続に切り替わらないことがあるそうです。また、インターネット設定を少し修正することで、より遅延が起きにくい環境を作ることができます。

Switch本体の[設定]→[インターネット]→[インターネット設定]と進み、有線接続になっていることを確認してください。

有線接続の設定

インターネット設定で登録済みのネットワークから、[有線接続]→[設定の変更]と選択します。ここでいくつかの設定をします。

DNS設定を手動にする

DNSとは、簡単に言うと通信の仲介役です。デフォルトでは自動に設定されており、契約しているプロバイダーのDNSを使用しています。

Switchを接続するDNSサーバー選びのポイントは、以下の2点。

  1. 処理が速いこと
  2. セキュリティがしっかりしていること

結論から言うと、Googleが無料で公開しているDNSサーバーが有名なので、そちらを利用する設定に変更します。

優先DNSを008.008.008.008にする

間違えないように正確に入力してください。

代替DNSを008.008.004.004にする

優先DNSが繋がらないときは、こちらを利用します。

MTUを最適化する

1度に送信できるデータの最大量を設定する項目です。

接続するだけでMTUを計測できるサイト(SG TCP/IP Analyzer)があるので、Switchを接続している通信環境で接続してみましょう。同一回線であれば、Wi-Fi接続しているスマートフォンでも構いません。

MTUの数字が表示されるので、SwitchのMTUに設定します。

 

これでMTUの設定は完了ですが、もしかしたらMTUの数値を上げたことにより不安定になってしまう可能性があります。通信の不安定さを感じたら、少しずつ数字を小さくしてみて最適な値を探ってみてください。

まとめ

お恥ずかしいことに、有線LANで接続する以上の対策はないと思っていました。

ですが、Switchに限らずオンライン対戦が可能なゲーム機器では、DNSの設定とMTUの設定は基本レベルのお話だったみたいです。

実際に私はこの設定をしたことで、ネット対戦時の体感遅延速度がかなり減りました。何も設定していないという方は是非お試しください。きっと幸せになれます。