ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

【スマブラSP】ワンパターン相殺の効果、仕様のポイントまとめ。減少率やOPボーナスの詳細も解説

ワンパターン相殺とは、ざっくり言うと同じ技ばかり使っていると威力がどんどん下がっていくゲームシステムのことです。OP回復とも呼ばれます。

スマブラ全シリーズに存在する仕様ですが、その仕様は作品毎に大きく異なります。スマブラSPはかなり複雑なワンパターン相殺の仕様になっているので、ざっくりと知っておいた方が良いポイントをまとめました。

これだけは覚えておきたいOP相殺まとめ事項

  • 直近の9回分の技までOP相殺がかかる
  • 減衰率は直近の技の方が大きく、最大で9%、最小で2.5%威力が下がる
  • 何度も使うと減衰率が累積して威力が下がり、最大で威力が約47%ほどになる
  • 蓄積%に比べて、吹っ飛びに対するOP相殺の影響は小さい
  • OP回復にはコンビネーション技やつかみ打撃が有効

ワンパターン相殺って何が重要なの?

同じ技を使っていると攻撃技の全体的な威力が減少し、%をためるスピードが遅くなったり、吹っ飛び距離が短くなってしまいバーストさせにくくなるなどの弊害が発生します。

逆に吹っ飛びが弱くなることでコンボが繋がりやすくなるなど、ワンパターン相殺がポジティブな変化となる場合もあります。

またガード硬直も減少するため、ガードされた時に反撃が確定するかしないかが変わったりと、試合の流れを大きく左右することもあります。

ワンパターン相殺の仕組み

攻撃技を相手に当てると、その技の威力が減衰します。ヒットしてもガードされてもワンパターン相殺は発生します。

直近で使った9回分の技が記録されており、同じ技が複数記録されていると、重ねて威力がどんどん下がっていきます。キャラクターがバーストするとリセットされます。

空振りや相殺などではワンパターン相殺が発生しません。

検証WIKIには相当詳しいところまで記載されていますが、そこまで完璧に覚える必要はまったくないので、実戦の中で大事なポイントや分かりにくいポイントを絞って紹介していきたいと思います。

技が記録されているキューと減衰率の関係

キュー番号 補正係数[%]
※S0 ※-5
S1 9.0
S2 8.545
S3 7.635
S4 6.79
S5 5.945
S6 5.035
S7 4.255
S8 3.345
S9 2.5

(※は当記事のみの便宜上のもので、実際には記録されていません)
こちらはOP相殺 - スマブラSPECIAL 検証wikiの表に、S0を書き足したものです。

最も新しく使った技はキュー番号S1に記録され、元々の威力から9%ほど減衰します。

何か攻撃技が当たると、S1に記録されていた技はS2に移動し、減少率が少しだけ緩やかになります。

もし同じ技が複数のキューに記録されていた場合、重ねて補正がかかります。例えばS1とS9に同じ技が記録されていた場合、威力は元々の威力から11.5%減衰します。

S0(ワンパターンボーナス)について

直近の9回のうち1度も当てていない技、つまりキューに記録されていない技は、威力が1.05倍になるという仕様があります。この仕様はワンパターンボーナスと呼ばれています。

例えるならば、デフォルトの状態ではすべての技がS0というキューに格納されており、S0に格納されている技は5%威力が上昇すると考えることができます。

攻撃がヒットするとS0からS1に移動し、元々の威力から9%減衰した威力になります。S0格納時の5%補正値を合わせて考えると、初撃による威力の減少量は13.333...%となります。

実戦の中ではワンパターン相殺の補正係数が1倍になることはありませんが、トレーニングモードでワンパターン相殺をOFFにすると、補正係数1.0の技本来のダメージが見られます。

誤解の無いように重ねて記載しておきますが、S0は解説のために筆者が記述した便宜上のキューですので誤解なきようお願いします。

ワンパターン相殺が発生する例・しない例

より詳細な例は検証WIKIを参照してください。当記事では対戦の中で重要となるポイントをまとめました。

  • カウンターや反射された飛び道具は、当てた側も跳ね返した側もOP相殺に影響しない
  • リンクの爆弾など、ファイターが作り出すアイテムを攻撃した時はOP相殺に影響する
  • デデデ大王のゴルドーなど、ファイターが作り出したオブジェクトは攻撃してもOP相殺に影響しない
  • ダメージのあるノーリアクション技はOP相殺に影響する
  • ダメージのない押し出し技などのノーリアクション技はOP相殺に影響しない
  • OP相殺が記録されない場合でも、技の威力はOP相殺がかかった状態となる

連続攻撃とワンパターン相殺

1度の攻撃で連続ヒットする多段技や百裂攻撃は、1回分の技を何発当ててもワンパターン相殺は1つ分となります。

ただし、多くのキャラが持っている地上NAによるコンビネーション攻撃などは、1つ1つの派生技を当てるたびにワンパターン相殺のキューに記録されていきます。

また、つかみ打撃は1回つかみ打撃をするごとにワンパターン相殺のキューに記録されていきます。試合の中でワンパターン相殺を回復するならコンビネーション攻撃やつかみ打撃が非常に有効になります。

同じ技と見なされる技とそうでない技がある

弱攻撃や横Aのコンビネーション攻撃などのようにすべて違う種類の技としてカウントされるものもありますが、マルスのマーベラスコンビネーションのように、すべて同じ種類の技と見なされるものもあります。マーベラスコンビネーションをすべて当てると、4発目には既に3回分のワンパターン相殺がかかっている状態になります。

また、コンビネーション技でも、キューに連続して記録されない技もあります。詳細はOP相殺 - スマブラSPECIAL 検証wikiの注意が必要なものの欄を参照してください。

吹っ飛びとワンパターン相殺の関係

ワンパターン相殺で蓄積ダメージが減少しても、吹っ飛び量の計算の際には、ワンパターン相殺の変化量のうち0.3倍しか影響しません。つまりワンパターン相殺がかかっている技でもフィニッシュ技として機能する仕様となっています。

ワンパターン相殺に関連した用語集

OP

ワンパターンの省略形。オーピー。よく使われる。

OP回復、OP解除

攻撃技を当ててワンパターン相殺を解除すること。

ワンパターンボーナス

ワンパターン相殺がかかっていない技を使ったとき、威力にボーナスがつく仕様のこと。

OP管理

ワンパターン相殺をかけたくない技にワンパターン相殺がかかるのを回避したり、複数の技の選択肢がある場面でワンパターン相殺がかかっても構わない方の技を選択したり、ワンパターン相殺をかけたい技を使うこと。

ワンパターン相殺 まとめ

攻撃を当てるたびに大きなワンパターン相殺がかかりますが、それでもバースト技としては機能するように吹っ飛びに対する補正率を調整しているのは、スマブラXにおいてバースト技を温存するという戦略が必要だったことに対する反省なのかもしれません。

私としては、トレーニングモードで表示されるダメージの法則がいまいち理解できなかったので、ワンパターンボーナスや補正係数などの仕様が分かって腑に落ちました。

以上、当記事はろーちゃんがお送りしました。最後におまけの記事を紹介して終わりにしたいと思います。