ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

シモン(リヒター)の初心者向けコンボ動画の解説!空中下Aループの詳しい仕様など

こんばんは、ろーちゃんです。

 

シモンとリヒターを使ってみたいなと思ったので、コンボ動画を撮影してみました。編集はぐるぐるマンにやってもらっていますが……

というわけで、当記事では動画に入りきらなかった部分の解説をしていきたいと思います。動画はすべてシモンで撮影していますが、リヒターでも大体同じコンボができると思います。


【初心者の為のスマブラSP】 シモンコンボのやり方♯5 / Super Smash Bros. Ultimate SIMON Beginner Combos ♯5

空中下Aについて

シモンのコンボと言えば空中下Aループという印象でしたが、コンボ動画で紹介したような空中下Aループは実際にはできません。ただ実戦でも空中下Aループを狙う価値は十分にあると判断し、あえて確定しないコンボですが収録しました。

空中下Aの性質や、空中下Aループができない理由などを語っていきたいと思います。

ヒット、ガード時にシモンの跳ねる方向を調節できる

空中下Aがヒットした時にシモンが跳ね返る角度は、スティック横入力で調整することができます。空中下Aループを狙っている時は、前方に傾けておけば問題ありません。

攻撃判定の発生2F目まではメテオ判定になる

空中下Aは発生13Fですが、攻撃判定の最初の2Fだけメテオ判定がついています。

空中下Aヒットから、次の空中下Aの判定が出るのは39F後

空中下Aがヒットし、ヒットストップが終わった後、最速で空中下Aを出すと39F後に攻撃判定が再び出ます。

スマブラSPの仕様に詳しい方はピンときたかもしれませんが、スマブラSPは吹っ飛びの40F目以降は硬直をキャンセルして空中緊急回避が可能ですので、空中下Aを完璧に繋げると絶対にメテオになってしまいます。

つまり空中下Aで何度も何度も浮かせて運ぶループコンボは事実上不可能となります。

ループしないことを承知で出す空中下Aは強い

実際に空中下Aを空中緊急回避でスカされた時の状況について考えてみると、実はスカされた後の状況が悪くないことが分かります。

例として、地上付近の相手を空中下Aで浮かし、2回目の空中下Aを最速空中緊急回避でスカされた時の状況について考えてみます。相手は空中緊急回避をしないとコンボカウンターが繋がってしまう蓄積%とします。

この時、相手が空中緊急回避をしたフレームを基準にして、大体14F後くらいにリヒターが着地します。空中下Aの着地隙26Fと合わせて、大体40Fくらいの隙ができます。

空中緊急回避の隙は70Fあるので、リヒターの方が絶対に先に動けます。追撃には十分すぎるほどのフレーム有利があり、明らかな有利状況になります。

相手の蓄積%が低ければ有利フレームは減るので実戦では状況を見る必要はありますが、空中緊急回避でスカされるのを承知で空中下Aループを狙っていくのは普通に強い行動だと思います。

ただし場外では落ちていってしまうので気を付けてください。

その他の空中下Aコンボのポイント

小ジャンプと大ジャンプでの威力の違い

スマブラSPでは小ジャンプ攻撃の威力が下がります。そのため、小ジャンプ空中下Aと大ジャンプ空中下Aでは、相手が跳ね上がる高さがかなり変わります。

基本的に大ジャンプからの空中下Aで問題ないかと思われます。

踏み台ジャンプからの空中下Aについて

聖水で拘束している相手には、踏み台ジャンプからの空中下Aを狙えます。

踏み台ジャンプの利点は、大ジャンプしてもメテオ判定が当たってしまうような大型キャラが相手でも2段ジャンプを消費せずに高さを稼げるということと、小ジャンプによる攻撃力のマイナス補正を切れるといったあたりでしょうか。

ちなみに、[踏み台ジャンプ]→[空中下A]はコンボで繋がっており、場外でも可能ですが、ディディーなど一部のキャラには空中下Aが当たらずに落ちてしまうことは覚えておいた方が良いかもしれません。

聖水からのコンボについて

聖水はフルヒット時の拘束時間が非常に長く、見てからコンボが可能です。

バーストに十分な蓄積%がたまっている場合は、

  1. [聖水]→[空中下A]→[上B]
  2. [聖水]→[上投げ]→[空中上A]
  3. [聖水]→[横スマッシュ]

などが主な選択肢になってくるかと思います。

 

%が足りない時の%蓄積コンボは、

  1. 空中下Aループを狙う
  2. 上投げ空中上Aで%を蓄積しつつ、対空で+αを狙う
  3. クロスからのコンボや横スマなどで場外に出して復帰阻止を狙う

などのパターンが考えられます。相手キャラクターが最も嫌がるパターンを選択していきましょう。

うまく決まれば、かなり素早くストックを削れると思います。

空中NAについて

判定が強くて範囲も広いので対空で重宝しそうな技ですが、後隙が謎に短めに設定されているので、着地しなくても普通にコンボが繋がります。

[空中NA]→[空中前A]

これは強力なコンボではありませんが、重要なコンボだと思います。

空中NAでの相手の吹っ飛びに合わせて、空中前Aシフトなども駆使して確実にコンボを繋げられるようになりたいところです。

空中NAのオートリンクについて

空中NAの連続ヒット部分は、若干のオートリンクベクトルになっており、相手キャラがリヒターの移動方向に引き寄せられます。

そのため一度巻き込んでしまえばフルヒットさせやすいのですが、あまり強力なオートリンクではないので、急降下をすると結構簡単にコンボが外れてしまいます。

スマブラSPにはオートリンクを利用したコンボが色々とありますが、リヒターの空中NAは連続ヒットとオートリンクを利用したコンボがあまり優秀ではない印象です。

[空中NA]→[最後の一発が出る前に着地]→[弱連打(または上B)]

などのコンボもできなくはないですが、オートリンクが弱すぎて狙いにくいので、普通に空中NAを出し切ってコンボした方が良いような気がします。

まとめ

立ち回りが強くて火力は控えめというタイプのキャラかと思いきや、意外と火力を出せそうなキャラだったことに驚いています。

シモンとリヒターでは、鞭の判定の広さや聖水の属性など細かな違いがあるようですが、コンボに関しては大体同じものを使っていけると思います。

実は私、発売から1ヵ月と1週間が過ぎてなお、まともに触ったキャラが指折り数えてたったの9キャラ(ダッシュファイターを抜くと7キャラ)、本日やっとこオンラインの対戦回数が200回突破という有様でした。

全然スマブラSP始まらないという感じでしたが、シモンをトレーニングモードで触っていて、やっと自分好みのキャラクターに出会えた感触がありました。

というわけで、やっと自分の中でスマブラSPが始まった気がしているろーちゃんがお送りしました。スマブラSP頑張っていきたいと思います。