ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

シーク初心者向けオススメ基本コンボ動画の解説!コツやポイントも紹介!

こんばんは、ろーちゃんです。ぐるぐるマンがシークのコンボ動画を投稿しました。シークは難しい操作が多く、初心者向けと言いつつ難易度高めなコンボ動画になってしまいましたが、その分だけ実戦的なコンボを集められたと思います。


【初心者の為のスマブラSP】シークコンボのやり方♯02 / Super Smash Bros. Ultimate SHEIK Beginner Combos ♯02

当記事では、動画に入りきらなかった補足説明や、シークのコンボのコツやポイントなどを語っていきたいと思います。

シークのコンボの全体的な感想

コンボカウンターを完璧に繋げようと思うと非常に難しいのですが、機動力が高いおかげで、相手の回避行動を見てから再度違う攻撃で追撃するといったパターンに持っていきやすいと思います。

コンボを完走するための基本的な操作精度も高いレベルで必要ですが、それ以上に相手の行動に合わせて対応する力もなければ、安定して高い火力を叩き出すことは難しいキャラかもしれません。

空中前A運びのコツ

驚くほど低%からでも空中前A運びに持っていけます。動画でも紹介しましたが、軽いミュウツーなら0%から運んでしまえるほどです。

シークを使っていくなら習得必須の重要コンボなので、最初は少し難しいかもしれませんが是非とも練習してみてください。コツは先行入力や簡易入力システムを駆使して、最小の労力で最速でシークを動かしてあげることです。

いつでも小ジャンプ攻撃(ジャンプボタンとAボタンを同時押しすることで最速小ジャンプ攻撃が出るテクニック)を使って最速で空中前Aを出すと、低めの浮きの相手でも簡単に拾えます。

拾った後は急いで次の空中前Aを出しましょう。空中で2回空中前Aを出すよりも、急いで着地して小ジャンプ空中前Aを出す方が回転が速いです。最速で急降下をして最速でループさせましょう。

スティックを毎回真下に倒して急降下するのはスティック操作が忙しすぎるので、真横に倒しているスティックを斜め下に倒す動きで急降下をすると、横の慣性を維持しつつ急降下も出せて一石二鳥です。

ちなみにシークは小ジャンプの17F目から急降下できます。先行入力を加味すると、14F目に入力すれば最速で急降下します。17F目は小ジャンプの最高点を過ぎて丁度落ち始める瞬間、14F目といえば12F目に風切りモーションが完全に消滅するのでその2F後となりますね。

 

え、フレームで言われてもよく分からないですか? それでは0%のミュウツーでも運びながら指で覚えてしまいましょう。練習あるのみです!

空中上Aのオートリンクを使ったコンボについて

空中上Aは全部で4段ヒットする多段技ですが、最後の1発以外はオートリンクという特殊なベクトルになっています。これは端的に言うと、相手がシークの移動方向に吹っ飛ぶベクトルのことです。

(厳密に言うと少し異なりますが割愛します。)

動画内で多用している空中上Aのループコンボは、オートリンクメテオというテクニックを活用しています。急降下しながら空中上Aを当てることで相手が物凄い速度で落ちてくるので、最終段を当てなければ弱いメテオのように活用できるというわけです。

下投げ→空中上Aループのコツ

低%の下投げから空中上Aを当てるときは、最速ジャンプで、なおかつコンボが繋がるギリギリのところまでディレイをかけてから空中上Aを出してください。急降下は最速で構いません。

また、相手を追い越してしまうといけませんので、急降下を入れた後は少しだけ後ろに移動するようにしながら着地します。

もう少し%が蓄積すると、空中上Aヒット時の硬直時間が長くなり余裕をもってコンボを繋げられるようになります。

空中上Aのオートリンクコンボの必要性について

それなりに難しい運びコンボと比べても、さらにコンボ難易度が上がる空中上Aオートリンクを使ったコンボですが、実戦的にはかなりの意味があります。

  • 投げ始動が可能
  • ループ性がある
  • 横スマッシュや下A→下Bなどに繋がり、コンボでバーストが狙える
  • 空中前A運びで相手が浮きすぎた時の派生コンボとしても使える

シークは%蓄積能力はそれなりにありますが、バーストまで持っていけるコンボは非常に少ないです。それに意外とコンボの選択肢も多くありません。

だからこそ、空中上Aを使ったオートリンクコンボは初心者向けというには高難易度ではありますが、初心者のうちから練習しておきたいコンボということで紹介させていただきました。

その他、動画映えしないコンボやおまけの補足

[下A]→[空中前A]

シークの地上下Aは立ち回りで振ることがあります。

低%なら空中前A、高%なら下Bに繋がります。地味ですがよく使うコンボです。

[上A]→[下B]

高%時に繋がります。[下A]→[下B]が繋がらないときに繋がってくれたりするのですが、どうしてもコンボで持っていくパターンが見つからなかったのが心残りです。

空中上A最終段ヒット

どうしてもオートリンクを使ったループコンボの方が解説の比重が大きくなってしまいますが、空中上Aの最終段が当たって上に飛んだ後は、空中前Aや空中上Aがコンボで繋がります。

また上に飛ばした後は対空のチャンスになるので、落ちてくるところに空中上Aを置いてダブルアップを狙ってみたり、相手の空中緊急回避の着地先を投げにいってみたり、着地に針を重ねてみたりと色々な展開を狙える場面が作れます。

[着地際 空中NA]→[下B]

数少ないバーストが狙えるコンボです。

状況次第では空中前Aや空中後ろAから繋がらないこともないですが、バーストを狙える繋がり方をするのは空中NAくらいなので、コンボの意義から考えると空中NA以外はまず使わないでしょう。

着地際の空中攻撃が当たるシーンは限られていますが、シークはフィニッシュ力に乏しいので、相手の隙を狩れる時はこの貴重なバーストコンボでささっとストックを奪ってしまいましょう。

NB最大ため

NBはためればためるほどコンボ性能が上がり、近距離で最大ためをヒットさせると、かなりの低%からでもコンボが繋がるようになります。

そんな状況があるのかという感じではありますが、覚えておいても損はないでしょう。

[空中前A]→[下B]

スマブラSPは吹っ飛び硬直の40F目以降を空中緊急回避でキャンセルできるという仕様があります。そのため、このコンボレシピは着地を挟まない限り絶対に繋がりません。スカった場合は命の危険があります。

ですがシークの下Bを見てから空中緊急回避で反応するのが微妙に難しいことや、予備知識がなければコンボのように見える繋がり方をすることなどから、甘えを承知で下Bを出しきってしまうという選択肢も無しではないかなと思い、ここに補足しておきます。

あらゆる場面で狙える繋ぎ方ではありますが、本来は繋がらないことに留意し、用法・用量を守ってご利用ください。

まとめ

かなり%蓄積能力は高いキャラだと思いましたが、本当にバーストさせる技に乏しく、復帰阻止を頑張らないとストックを落とせないキャラなのかなと思いました。

初心者には少しコンボ難易度の高いキャラだと思いましたが、やはり空中前A運びは必修科目ですし、空中上Aのオートリンクコンボができれば世界が広がるので、何とか練習してモノにして欲しいかなと思います。

以上、ずっと基本的な仕様をまとめた記事を書こうとしているのに、分からないことだらけで全然進んでいないろーちゃんがお送りしました。ありがとうございました。