ぐるぐるマンSP大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL攻略情報(仮)

大乱闘スマッシュブラザーズ specialについての考察や攻略を書いていきます

ホリのポータブルUSBハブスタンドを紹介!USBポート数、入力遅延の話など

こんばんは。ブログ用に写真を撮影したら、写真が汚いとぐるぐるマンに怒られたろーちゃんです。

品薄だったホリのポータブルUSBハブスタンドを、スマブラSP発売直前にぎりぎり入手しました。

f:id:gurugurumansp:20181206230908p:plain

Switchを充電しながら、有線コントローラーや有線LANアダプターを接続できるという優れもので、テーブルモードでスマブラSPを遊び倒すなら必ず入手したい一品です。

当記事ではこのポータブルUSBハブスタンドを舐め回していきたいと思います!

 スタンドの角度調節機能がうれしい!

f:id:gurugurumansp:20181206231741p:plain

ポータブルUSBハブスタンドを開封すると、パタンと折りたたまれています。

f:id:gurugurumansp:20181206231849p:plain

スタンドの両側の関節部分についているボタンを押し込んでいる時だけ角度が変わり、ボタンを離すと角度が固定されるという仕組みになっています。

ですから、こんな風にSwitchの画面をほぼ真横に向けることも可能ですし……

f:id:gurugurumansp:20181206232120p:plain

 こんな使い方はしないと思いますが、物凄い角度で寝かせて使うことも可能です。

 角度調節が自由自在で、自分好みのポイントでガッチリとキープできちゃいます。スタンドとしての機能については文句なしです。

接続できるUSBポートは4つ!

普通のSwitchスタンドではなくこのポータブルUSBハブスタンドを選ぶ理由は、なんといってもテーブルモードでUSBを接続できるから。

実際のところ、USB端子が何個ついているのかと言いますと…

f:id:gurugurumansp:20181206232437p:plain

片側にUSB-Aポートが2個。

f:id:gurugurumansp:20181206232715p:plain

反対側にUSB-Aポートが2個、USB-C端子が1個。

USB-C端子には充電のためのACアダプターを接続するため、合計でUSBケーブルを4つさせるハブと考えて良いでしょう。

実際にコントローラーと有線LANアダプターをさしてみた

f:id:gurugurumansp:20181206233000p:plain

GC変換タップ、ホリ製クラシックコントローラー、そして有線LANアダプターを同時にさすことができます。

これだけの周辺機器を同時接続できれば困ることはないでしょう。

ぐるぐるマンと並んでSwitchを操作してみましたが、テーブルモードで1つの画面を見ながら対戦するというスタイルでも全然いけます。高性能のディスプレイに感謝です。

コントローラが認識しないときは?

最初、ポータブルUSBハブスタンドにコントローラをさしても、まったく反応しなくて焦りました。

そんな時は、Switchをスタンドに接続した後に、コントローラのUSBケーブルを再度さしてみてください。すると何の問題もなく認識してくれるはずです。

また、意外とSwitchをスタンドにさしたと思ったらささってないといったことがあったりするので、しっかりSwitchがスタンドに接続され充電されているかを確かめてみてください。

ポータブルUSBハブスタンドの入力遅延について

f:id:gurugurumansp:20181206234648p:plain

実をいうと、このようなUSB-C変換ケーブルを使えば、テーブルモードのSwitchにUSBのコントローラーを接続することはできます。ろーちゃんは家電量販店のSwitchコーナーで買いました。

これを購入した理由は、充電しながら遊ぶことはできませんが、これで有線LANアダプターを接続すれば、充電のあるうちはProコンやJoy-Conなどの無線コントローラーでスマブラSPが遊べると思ったからです。結局ポータブルUSBハブスタンドが手に入ったので無用となったわけですが。

さて問題の遅延について書きたいと思いますが、実はこの話には確証があるわけではなく、できれば書きたくない情報なのですが、情報というよりは感想として書いておきたいと思います。

USBハブスタンドを経由したGCコントローラーとホリクラシックコントローラーでのSwitchの操作は、何か少し遅いと思いました。

そして実際に(あまりしっかりとした方法ではないので恐縮ですが)遅延を計測してみたところ、USB-C変換ケーブルでGCコントローラーとホリクラシックコントローラーを接続した場合に比べ、ホリポータブルUSBハブスタンドに繋いで操作した場合、約1F遅延してしまうのではないか、という結論になりました。

念のため無線接続のProコンでも調べてみましたが当然ながら遅延は確認できませんでした。ちなみに、Proコン無線接続とUSB-C変換ケーブルでこの2つのコントローラーをつないだ場合の遅延の差は無いと思いました。

ドックを経由してモニターや液晶テレビに接続した場合の遅延は如何ほどかという問題もあるため、実際に遅延があったとしてもUSBハブスタンドが悪い商品であるとはまったく言えませんが、個人的にはあまり知りたくなかった事実でした。

ろーちゃんはUSBハブスタンドを使ってテーブルモードのままコントローラーを優先接続してスマブラSPをプレイするつもりですし、この商品を購入する方のほとんどは、同じ使い方をするであろうと思われますので、今書いたことがまったくの間違いであることを心のどこかで願っています。

まとめ

 Switchをテーブルモードのまま充電し、有線コントローラーや有線LANアダプターなど色々なものを接続しながら遊べちゃうというポータブルUSBハブスタンドの紹介でした。

最後には少し書きたくなかったことも書いてしまいましたが、テーブルモードでスマブラSPをプレイするのであれば他に選択肢はほぼ無いですし、実際に遅延があったとしても気にするほどではないかなとも思います。

というわけで、テーブルモードでスマブラSPを遊ぶ場合はほぼ必須の商品ですので、是非とも手に入れたいところです。以上、この記事の写真が少し汚いことを気にしているろーちゃんでした。ありがとうございました。